READ PR

これは一種の脳髄地獄「ドグラ・マグラ」(夢野久作)感想

ドグラ マグラ 感想
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

読んだ者は精神に異常をきたす…と、まことしやかに囁かれる日本探偵小説三大奇書のひとつ「ドグラ・マグラ」。アシェットコレクションの6~8号をもってようやく完読できました!

とにかく、無事読みきれた自分にほっとしています。学生のころは序盤で諦め、今回も本を読んでいて気が遠くなっていく感覚を久しぶりに味わいましたので…

記憶を失った“私”に待ち受けるのはーー夢野久作「ドグラ・マグラ」

created by Rinker
¥1,183
(2024/07/13 14:26:58時点 Amazon調べ-詳細)

「ドグラ・マグラ」は、アシェット3号でも登場した探偵小説家・夢野久作の代表作です。日本探偵小説三大奇書のひとつに数えられ、構想・執筆にかかった歳月はなんと10年以上。

簡単なあらすじを説明すると、精神病棟の独房で目覚めた“私”には一切の記憶がありません。学者によると、“私”の記憶のなかには重大事件の真相が隠されています。

“私”は記憶を取り戻すべく、学者から言われるまま実験に挑んでいきますがーー

猟奇的大事件、暗躍する怪人、稀有な美青年と稀代の美少女、精神病患者、祟りetc… よくもまあこんなに詰め込んだものだというくらい、探偵小説のエッセンスが凝縮されています。

夢野久作の文章がもつアブナイ心理作用

ドグラ マグラ 感想

記憶や精神をテーマにした内容だけに、読んでいるこっちまで気持ちが不安定になっていく。しかも、わざと理解させまいとしているのではないかという文章が読経のように続くので、中盤は気づくと意識が遠のくことしばしば…

ただ面白くないとか、難解すぎるというのではなく、この「読経できてしまう文章」が心理的にアブナイなのではないかと思いました。実際に気が遠くなった中盤の文章を声に出してみると、何のひっかかりもなく歌うように読めてしまうんですよね。

能動的に読んでいるはずが、気づくと夢野久作の文章がもつ独特のリズムにのせられていて、暗示にでもかかったみたいに心がぐらぐら、ザワザワとしてくる…

気がつけば“私”と一緒に、怪しげな実験台に立たされていたのではないかと考えさせられる読後感でした。「読んだ者は精神に異常をきたす」というのも、あながち間違っていないのかもしれません。

「ドグラ・マグラ」は一種の脳髄の地獄

ドグラ マグラ 感想

ドグラ・マグラとは何かを表現するのに、「一種の脳髄の地獄」という言葉が出てきたのが印象的でした。

うっかりネタバレはできませんが、犯人は誰か、真相は何かというミステリー的展開を超えて、謎そのものに脳髄を掌握され、激しくシェイクされている感覚。そんなけったいな言葉を表題にした本書を手にする私たちが味わうのもまた、一種の脳髄地獄といえるでしょう。

読むのではなく挑む、という言葉がふさわしい1冊です。

あや
あや
中盤の難しい…という印象とはうらはら、終盤は続きが早く知りたくなる展開でぐわっと物語に引き込まれました!
江戸川乱歩と名作ミステリーの世界 3号 夢野久作 少女地獄 感想
ドキドキの読書体験「江戸川乱歩と名作ミステリーの世界」3号は少女地獄(夢野久作)【感想】2023年3月15日(水)に発売された『江戸川乱歩と名作ミステリーの世界』(アシェット)3号は、夢野久作の「少女地獄」。少女たちの不思議...
江戸川乱歩と名作ミステリーの世界 全巻 ラインナップ
『江戸川乱歩と名作ミステリーの世界』既刊ラインナップ感想まとめ【随時更新】江戸川乱歩、夢野久作、エドガー・アラン・ポー、コナン・ドイルetc. 国内外の名作ミステリーを、豪華絢爛なハードカバーで堪能できる『江戸...